〒394-0044 長野県岡谷市湊5-13-7 パウワウヴィレッジ2階F号
岡谷駅より車8分/駐車場:有り)

受付時間

9:00~22:00
不定休

お気軽にお問合せ・ご相談ください

050-3628-2007

ブログ

当院のブログでは普段私自身が感じている事や、患者さんからよく質問のある事などを出来るだけ分かりやすく回答したりしています。ご連絡頂く際の参考になることなども上げて行きますので是非ご覧ください!!

今回は膝に水が何故溜まってしまうのかと言うお話です。

膝に水が溜まるとは膝にある関節包という膝関節を包んでる中に関節液という液体が溜まる事を言います。

イメージで言うと炎症が火事でそこを関節液で消火してる感じになります。

では炎症を起こす原因は何かという事ですが、多くは変形性膝関節症などの症状で膝関節に異常があり炎症を起してますが、治療しているのに何度も繰り返してしまう場合は膝以外に原因がある可能性が高くなります。

膝は中間関節と言われ、可動の種類が多い股関節と足首に挟まれた関節です。他の関節の動きが悪くなれば当然動きの種類の少ない膝関節は余計な動きをしなければなりません。

このような事などから膝以外に原因がある事も念頭に入れて付き合っていく必要があります。

レントゲンなどで膝関節に問題が無いのに何度も水が溜まってしまい何度も抜くと言う事をしていると段々と酷くなり、最悪膝が曲がらなくなってしまうなんて事も・・・

何度病院で水を抜いてもまた水が溜まってしまう様であれば、手術が必要と言われる前に是非一度当院に相談ください!

皆さん水と聞くと特に栄養がないと思われるでしょう。実はカルシウムやマグネシウム、カリウムと言うミネラルを含んでいます。特に硬水と言われる水には多く含まれています。

日本の水道や山水、天然水は軟水と言われあまりミネラルは含まれていませんが、外国産の天然水の硬水と書かれてる物には多く含まれています。

軟水は調理やお茶に使うのに向いており、硬水は体質改善や健康促進に向いていると言われています。

この硬水のミネラルはそれぞれ体に色々な効果があり

カルシウム 筋肉の動きを良くしたり、イライラや不安の解消など
マグネシウム 不整脈、心筋梗塞などの心臓病の予防、改善、免疫力の向上など
カリウム 高血圧の予防、改善、だるさや食欲不振の改善など

の様々な効果があり、体の症状に合わせて使い分けことも重要です。

また糖尿病や高血圧、肥満や自律神経失調症なども水を正く飲む事で改善が見られるそうです。

他にも肩こりや腰痛、関節痛やむくみなど様々な症状が水を飲む事で改善、緩和する事が分かっています。

正く自分に合った水を飲む事で健康で元気な生活を送りましょう。

更に詳しく水について聞いてみたと思った方は是非お気軽にご連絡下さい!

 

人体の約60%は水分と言われており、その水分が足りなくなったり、上手に循環出来ないと様々な不調が起きたりします。

なかなかイメージが湧かないかもしれませんが、例えば体の中にある水分が何ヶ月も前の汚れた水分だとあまり健康に良くない感じがしませんか?

あくまで例えなので何ヶ月も前の汚れた水分がずっと体の中にある訳じゃありませんが、人間は生命維持に水分が必要なので生活の中で入ってくる水分が少ないと排出量も減らすのでどうしても体内に古い水分を溜め込んでしまいます。

正く排出と補給を行えていればおよそ1ヶ月ほどで体内の水分が全て入れ替わると言われてますが、正くで排出と補給が出来ないとその周期がどんどんと乱れていくと言う事です。

因みにこの様な症状が気になり出したら水分不足かもしれません。
1 疲れやすい
2 まぶたや手足の筋肉が痙攣しやすい
3 尿の回数が減った
4 味を感じにくくなった
5 甘いものを好む様になった
6 肌が荒れる
7 頭痛が続く
8 目が乾く
9 口の中がねばつく
10  シミができやすくなった。

6個以上当てはまる様なら慢性的な脱水症の可能性があるので気を付けるましょう。

また普段からむくみが気になる方も体内の水分の循環が滞ってる可能性があります。水分を摂るとむくみそうだからと水分を摂らないのは逆効果になります。

今回は水分が足りないと不調が起きやすいいと言う話でしたが次回は水分を摂ることによって予防出来る不調についてお話したいと思います。

もっと詳しく聞きたいよと思われた方は気軽にご連絡下さい。

今年もとても暑く、脱水症のニュースなどが多く流れましたね。

つい最近も来院されてる患者様から、知り合いが脱水症で倒れて病院まで連れて行ってきたと言う話も聞きました。

脱水症は、水分が足りなかったりミネラル(ナトリウム)不足になると起こると言われます。

実は脱水症は、低張性脱水と高張性脱水に分けられます。

低張性脱水はスポーツなどで発汗と共に体内の水分と血液中のナトリウムが不足することにより起きます。

高張性脱水は体内の水分だけが不足する状態の事を言い、乳幼児や高齢者の方が発症しやすいと言われています。

当院の患者様の中に「500ミリリットルのペットボトル1本は飲んでる」や「トイレが近くなるから飲まない」と言われる方がいますが、これを読んで自分もそうかもと思った方要注意です!!

そもそも人間は1日に排尿や発汗、呼吸からも水分を排出しており、1日おおよそ2リットルほど体の外に水分を出しています。

生活してるだけでもこれだけの水分が排出されるのに、暑くなり更に汗をかいたら・・・
どうなるか想像出来ますよね。

因みに人は1日に体重×30ミリリットルの水を飲む事が好ましいとされています。

例えば50kgの方であれば×30ミリリットルで1.5リットル(500ミリリットルのペットボトル3本)の水を飲むのが好ましいと言う訳ですね。

少し涼しくなって来ましたが、日中はまだ暑いので脱水症を起こす前に少しでも水を飲むクセを付けていきましょう。

因みに水を飲む事で脱水症の予防だけでなく他にも色々な体にいい事がありますので次のブログに書いていこうと思います。お楽しみに!!

またもっと知りたいよと言う方、ぜひご気軽にご連絡下さい!!

本日来院された新規の患者様、予約枠が埋まっており満足な対応出来ず申し訳ありませんでした。

このブログを見て下さっている方にもご理解頂いてから、ご予約のご連絡頂きたいと思い書かせて頂きます。

当院は患者様お一人お一人への時間を大切にしており、完全予約で対応を行なっている為、当日の急な来院や急な当日予約などは基本的にお受けする事が出来ません。また施術中などは電話対応が出来なかったり、メールの返信などがすぐに出来ない事がありますのでご了承ください。

初回の予約のご連絡を頂いた際、必ずお電話で今のお身体の様子をお聞きして当院でお力になれるかどうかを確認してから、ご予約をお取りします。

もちろんお電話が難しい様であればメールや公式ラインなどでも対応出来ます。

こちらの都合とはなりますが、当院に来られている患者様並びに新しく問い合わせを下さる皆様に少しでも安心して気持ちよく当院を利用して頂く為の対応ですのでよろしくお願いいたします。

何か気になる点などがあればご気軽にお問い合わせ下さい。

最近コロナの規制緩和で外出が多くなったからか、もしくは畑や田んぼが始まったから、突発的な腰痛でお困りの問い合わせが増えました。

俗に言うギックリ腰の様な症状ですね。

ギックリ腰と言うと皆さん腰が悪い人がなるものだと思ってる方が多いですが、実は腰以外の原因で起きる事の方が多いのです。

正確には、腰以外の所の不調により腰に負担が掛かりギックリ腰になってしまうという事です。

肩こりや足のダルさがあるなど腰以外で不調がある方は要注意という事です。

他にも今まで何度もギックリ腰を繰り返している患者様を何名も診させて貰ってますが、皆さん9割方腰以外に原因が有りました。

このブログを見て何度もギックリ腰をして悩んでるなと思ったそこのあなた!ご相談だけでも大丈夫ですので一度お問い合わせ下さい!全力でお力になります!

当院にご連絡下さる方の多くに。「〇〇〇痛と腰痛に困ってます」や「〇〇〇が一番気になるけど腰痛にも悩んでます」と言うお話がとても多いです。

腰は月(にくづき)に要(かなめ)と漢字で書く様に体の重要な部分となります。

例えば、建物の中心に立ってる柱がその建物のバランスを支えているとして、その柱が曲がってしまったらその建物はどうなるでしょう……当然崩れてしまいますね。

これを人の体に当てはめると柱が背骨で、その背骨支えているのが腰と考えたらどうなるか想像出来るのではないでしょうか?

体の要の腰に不調が起きていると、体のバランスが崩れ他の所にも影響して様々な不調が出やすいと言う事です。

当院には股関節痛、膝痛、肩こり、首こりその他多くの症状で来院されますが必ず腰は診させて頂きます。

それほど腰は体の中で重要な部分なんです。

もし慢性的な腰痛にお困りでしたら、他の症状が出る前に是非当院にご相談下さい。

うちに来院される患者さんにたまに聞かれる事で慢性痛とはどの様なものかと聞かれる事があるので今回は慢性痛とは何かという事を話していこうと思います。

よく急性痛と慢性痛の説明をするのですが、どの様に違うのかというと・・・

「急性痛」とは捻挫など外傷により一時的に痛みが出る物で、ケガが治ると自然と痛みが緩和していきます。

「慢性痛」とは長く痛みが続いてる状態で、痛みの原因は様々で一時的に痛みが緩和しても痛みが再発するものも慢性痛に含まれます。

簡単に説明するとこの様な感じですが、身近な不調に当てはめると

・3ヶ月以上続いてしまっている痛み。

・何度も繰り返し同じ様な所が痛くなる。

・長く続く腰痛や肩こりなど。

・マッサージなどを受けてその時は楽でもすぐに辛くなってしまう。

・湿布などを使ってもあまり楽にならず少しずつ辛くなってく。

などなど症状も様々でなかなか原因が分からず少しずつ重症化していく事が多いです。

人間は慣れてしまう生き物で、慢性痛を「いつもの事だから」と軽く考えがちですが、重症化する前に体の不調と向き合い適切なケアをしていく事がとても大切です。

先ほどの不調に一つでも心当たりがあれば是非当院にご相談下さい。

患者様の声へ
院長からのご挨拶へ

本当に痛みでお悩みなら、
骨盤健康調整院-紬-にお電話ください。
あなたも当院でその辛い症状改善しませんか?

こんな事ならもっと早くに施術を受ければ良かった•••と多くの患者様に感謝声を頂いております。まずは一度試してみてください。あなたの辛い痛みから解放するために私は最後まで全力で努力致します。

通常施術費8,800円のところ

初回限定特別価格

1,980円 (税込)(約80%OFF)

7月20日(土曜)まで先着名様限定割引

ご予約多数につき残り名様限り

「完全予約制」施術のご予約は今すぐお電話
050-3628-2007

●施術中は電話に出られませんのが後ほど折り返しさせて頂きます。状況によっては折り返しにお時間を頂く可能性も御座いますがご了承下さい。

●現在、大変予約状況が混み合っております。その為、新規の予約受付人数を限定させて頂いております。ご理解ご協力宜しくお願い致します。またキャンペーン終了後は、通常初回施術費8,800円となりますのでご希望の方はお早めにご連絡下さい。

受付時間
9:00~22:00
定休日
不定休